初心者は予備校に通うのがベター

税理士試験の予備校のメリット

税理士試験の予備校に通うと、学費が100万円前後かかると言われています。
かなり高額に思えますが、その分メリットも大きいのが特徴です。

まず、予備校なら教材が豊富にあります。
独学の場合は市販のテキストを探さなければなりません。
必修科目のテキストは数がありますが、選択科目になるとテキストがあまり出回っていないようです。
予備校であればどの科目を選んでも適切な指導を受けることができるので、要らない苦労をしなくて済みます。

さらに、税法は頻繁に更新されていくため、変更があれば知識を改めなけらばなりませんが、予備校なら講師がカバーしてくれます。
疑問点を質問できたり、より正確な知識を得ることができたりするので、合格率は予備校に通う方が高くなります。

予備校に通うのがおすすめな人

初心者の方は、お金と時間が許すなら予備校に通うのがおすすめです。
特に、税理士試験の受験資格をまだ持っていない方は、予備校で簿記を学んで資格を取ってから挑むのがスムーズでしょう。

より短期間で税理士試験に合格したい方も、予備校を活用した方がいいと思います。
「何年かかってもいいから、働きながら独学する」という場合は別ですが、「早く税理士として活躍したい」と思うのであれば、しっかりと舗装された道を進むべきです。

予備校の学費が高額で手が出ない…という場合は、通信講座がおすすめです。
通信講座なら、予備校の半額程度の学費で済むようです。
科目ごとの受講も可能ですので、独学派の方も上手く取り入れてみてはいかがでしょうか。